偽エキストラバージンに騙されるな【本物オリーブオイルの選び方】

 

🍎偽エキストラバージンに騙されるな【本物オリーブオイルの選び方】🍎

 

オリーブオイルの特徴

オリーブ・オイル(オリーブ油)は、オリーブの果実から得られる植物油です。純粋で高級なオリーブの場合、植物本来が持っている風味や機能性が自然な状態で備わっています。オリーブオイルは変質しにくく、構成脂肪酸の多くがオレイン酸であり、このオレイン酸は酸化しにくく、抗酸化作用に加えて、血液サラサラ効果や腸の機能向上効果、肝臓の機能向上効果など様々なメリットがあります。しかし、その反面動物実験のレベルでは発ガン促進作用などもあるという指摘もあるようです。

どの食品に関しても同じような事が言えますが、メリットばかりの食品というのはあまり無い為、いくら安全良質だからと言ってもデメリットは多少なりとも付き物なため、取り過ぎというのは注意が必要です。

 

 

✅本物の安全で良質なオリーブオイルの探し方

 

『エクストラバージンオイル』の意味を理解しよう

そもそも『バージンオイル』とは化学的工程を踏まずに、果実を低温圧搾(コールドプレス)だけで絞った油という意味です。『エクストラバージン』という表示はその最高品質を指すようです。では、なぜ日本では本物のオリーブオイルが入手困難で偽物の『エキストラバージンオリーブオイル』と呼ばれる物ばかりが出回っているのか??

オリーブオイルを市場に流通させるにあたって多くの国が参加しているIOC(国際オリーブ協会)に日本はそもそも加盟しておりません。世界各国がIOC基準によってオリーブオイルを区分けする中、日本だけはJAS(日本農林規格)基準に合わせて区分けしております。この両者の最も大きな違いは酸度にあります。

IOC基準では酸度0.8%以下(100g)に対してJAS基準では酸度2.0%以下(100g)のオイルをエクストラバージンオイルと認定しております。それ以外はピュアオリーブに分類されます。

残念なことに多くのオリーブオイルは『エキストラバージンオリーブオイル』を謳っておきながら、高熱処理をし酸化防止剤などの化学物質を入れるなどの製法で作られたものもあれば、大豆油やキャノーラ油とブレンドされているものもあるようです。このように実際の製造法とは全く異なる物も日本には多く出回っているようです。

 

遮光性ボトルに入った物を選ぶ

オリーブオイルにとって光は大敵であり、太陽光や蛍光灯の光でも劣化が進んでしまいます。その為、色の薄いボトルでは劣化が進むため、色の濃いビンにボトリングするかステンレス製の缶での保存が望ましいです。いずれにせよ、遮光性の高いボトルをチェックポイントにして下さい。

 

プラスチック容器はNG!ビンの容器を選ぶ

実は遮光性ボトルならOKという訳ではなく、プラスチックの容器だとオイルがプラスチックの化学物質を吸い込んでしまう為、健康面に被害が及びます。いくら中身が良質なオイルといえども、化学物質が混入してしまえば、元も子もありませんよね。容器は遮光性のビンを選びましょう。

 

手摘みで低温圧搾(コールドプレス)の物を

安全で良質なオリーブオイルの場合、オリーブの実を傷付けない為、葉や小枝が混入しない為に、機械ではなく手で摘まれます。高温で抽出されたオリーブは栄養素も失われ、トランス脂肪酸が発生している可能性もある為、手摘みしてからすぐに低温で圧搾してオイルを抽出する必要があります。

遠心分離機を使用されることが多いですが、水溶性の抗酸化ポリフェノールの多くが遠心分離機の水で洗い流されてしまう為、伝統的な石の圧搾機を用いるのが良いとされています。

 

✅おススメの本物オリーブオイル一覧

 

スペイン産 有機栽培『オリーブママ』 エキストラバージンオイル

スペインアンダルシア州産ピアクル種

こだわりの農園で育てられ国の政策として厳しい検査をパスした数少ない良質のエキストラバージンオリーブ油です。世界物産統一の品質保証グループ2つの機関の認定を受けている酸度0.3%以下安心安全の高級オリーブ油です

認定機関名

1.JAS認証(CENTRAL UNION CERTIFICATION)

2.アンダルシア州有機認定

 

安全性・良質さ     🍎🍎🍎🍎🍎

☑味・おいしさ      🍎🍎🍎🍎🍏

☑コストパフォーマンス  🍎🍎🍎🍏🍏

☑類似品と比較した場合  🍎🍎🍎🍎🍏

☑YUSUKEのおススメ度 🍎🍎🍎🍎🍏

 

【オリーブママ】エキストラバージンオリーブオイル 250ml(スペイン産)

 

 

チリ産最高級品質の『CRUS DEL SUR』クルス・デル・スール

最高品質の証でもある!酸度0.2%以下のエキストラバージンオイル。

 

HALAL認証取得

ハラルとは、イスラムの教えで許された「健全な食品」のことを指します。イスラム教において、アルコールや豚肉など一部の食品を食べることが禁じられていることは有名ですが、その他の食品においても加工法、調理方法に関して一定の基準が設けられていることはあまり知られていません。

残留農薬検査

IAS(国際品質証明機関)により、収穫直前のオリーブを区画ごとにすべて検査。残留農薬検査においては、すべての残留農薬量が最小検出数値である0.01gを下回り、検出されずという結果。

安全性・良質さ       🍎🍎🍎🍎🍎

☑味・おいしさ        🍎🍎🍎🍎🍎

☑コストパフォーマンス    🍎🍎🍎🍏🍏

☑類似品と比較した場合    🍎🍎🍎🍎🍎

☑YUSUKEのおススメ度 🍎🍎🍎🍎🍎

 

『CRUS DEL SUR』クルス・デル・スール (500ml)

 

 

有機JAS認証 ゾットペラ社『オーガニックオリーブオイル』

伝統とオーガニックの拘り、酸度は0.21%、ゾットペラ社のオリーブ油もおススメです。

「BIOL2017国際オーガニックオリーブオイルコンテスト」最優秀賞

「オリーブジャパン2017国際EXVオリーブオイルコンテスト」金賞(6年連続)

「2017ロサンジェルス国際オリーブコンテスト」金賞

 

有機JAS認証 ゾットペラ社【オーガニックオリーブオイル】[250ml]

 

 

Follow me!

コメントを残す